ブログ

高性能なフッ素樹脂塗料にも短所アリ!うまくカバーする方法とは?

2021.06.18

塗料の種類は、用途や性能に応じてたくさんありますが
外装用の塗料には何を選べばよいか?と聞かれること
おもに、次のような樹脂がありますと答えています。

・アクリル樹脂塗料
・ウレタン樹脂塗料
・シリコン樹脂塗料
・フッ素樹脂塗料

このなかで、もっとも高性能なのは「フッ素樹脂塗料」です。
コストが高い材料ですが、そのぶん耐久性があります。
メンテナンスサイクルが長く、トータルコストを割安にすることもできます。

鍋やフライパンの加工にも使われており
卵やお肉がこびりつかないのは、そのためなんですね。
また、汚れにも強いことから、建築材料としても重宝されています。

ただし、難点もあります。
経年によって、雨筋にそって黒い筋がついてしまうこと。
金属の下地に塗布するなら目立ちにくいものの
コンクリートの下地では、汚れが色濃く見えてしまうのです。

汚れの付着には、静電気が関係していて
最近では、帯電防止剤や導電性のある繊維などを混ぜて
改善・改良した新製品も作られています。

また、外壁の改装のときには、ひとつ注意が必要です。
同じフッ素樹脂どうしはうまく密着しますが
ウレタン樹脂との密着性は、あまりよくありません。
こうした場合、適正なシーラーを使用してくださいね。

建築塗装・防水施工に関することは
お気軽にご相談ください!

お問い合わせはこちらから